自分の子育ても責めて途方に暮れる

異常だと思います。自分の子供と置き換えると、自分の子育てに関しても責め続けひたすら途方に暮れると思います。どんな事をしてもお母さんはお母さんというような事を言っていましたが、私はそんな風には言えないと思います。お母さんである事をやめる事はできないけども、見放してしまうかもしれません。自分の子がこうならないようにとは思いますが、実際性の事に関して母親が口を出すのは難しい問題です。幅広くとらえて、人に危害を加えること、人の迷惑になるようなことはしないというのを小さい頃から教えていくしかないと思います。

恐怖心を抱いて間違いなく別れます

そんな性癖がある人とは間違いなく一緒に居れません。恐怖でしかありません。凄く好きだったとしても、そんな性癖を持っていると分かった時点で別れます。どんな理由でそんな性癖を持ってしまうのか分かりませんが、やっぱり人に危害を加えたり、襲ったりとういのは性癖というより人間として異常な気がします。まともに考えれる人ならば、人に危害を与えてはいけないという事くらいは分かると思います。性欲がおさえられないなんて人が他の欲はおさえられるのかというのも疑問なところです。どんな言い訳があろうと私は無理です。

自分の子供が強姦罪をおかしたら…

考えただけでぞっとしますが、まずは司法に委ね、警察、検察、弁護士にお任せします。その上で自分が母親として関わるべき手続きがあれば関わらせて頂きます。その過程で、許される限り息子と面会をさせてもらい、司法の手にあなたをゆだねる、裁きが下ったら罪を償いなさい、その後は母親として全力でサポートする、何があってもあなたは私の息子だし私だけはあなたを支えると伝えます。被害者の方やそのご家族にお会いして謝罪をしたいと思いますが、私と会うことでより辛い思いをさせてしまうかもしれないのでそこは慎重に、被害者側の気持ちを第一に考えてすすめたいと思います。性癖は親がどうこうできることではないけれど、超えてはいけない一線というのがあります。明確な線が法律です。盗むな、殺すな、傷つけるな、犯すな。何をやってもいいが、その線だけは超えてはならないと教え込みたいです。

パートナーが高畑裕太と同じ性癖を持っていたら…

高畑裕太と同じ性癖と言っても、実際どういう性癖なのかよくわからないけれど、多少Sっ気があるくらいなら、一緒に楽しめます。でも事件の内容をきくと、もうそういうレベルではなくて、本気で嫌がっている見知らぬ女性に乱暴を働くことを快感に感じる性癖なのだろうと推察します。もし自分のパートナーがそういう人間だったら、別れたいと思います。1年目あたりだったら、まだまだラブラブだろうし、それ以外の部分が良い人だったら離れがたくて苦しいと思うので、友達やカウンセラーに相談して、別れられるように手助けしてもらいたいと思います。犯罪者になるかもしれない人間と交際を続けるなんて、薄氷の上を歩いているようで恐ろしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ